" From the earth"

 
   
 
雨乞い
Rainmaking
 
精霊たちの家
The house of the spirits
農耕文化
 
狩猟文化
     

はげしいリズムと祈りに乗せて、彼らは雨を乞った。

セルババ セルババ ヌトピ ルロロロ
セルババ セルババ ヌトピ ルロロロ
ワラヌクは雨を降らし、大地に水を与える
ララバイ ララバイ

ノクアイユガー ウググアー
ノクアイユガー ウググアー
カヌムンはときどき、豪雨を引き起こす
ララバイ ララバイ

People prayed for rain by dance with hard rhythm.

Selbaba Selbaba Nyutopee rurororo
Selbaba Selbaba Nyutopee rurororo
Waranuke brings rain and gives the water to the earth.
lullaby lullaby

Knok-i-yuger ugugua
Knok-i-yuger ugugua
Sometimes Kamnung brings heavy rain.
lullaby lullaby

 

 



まだ人と動物に境がなかった頃
人が精霊と共に暮らしていた頃
風の音は精霊の声であり、獣の声は大地の雄叫びであった。
そして森は優しく、時に恐ろしく、そこに在ったのだ。

Time still had no boundaries to people and animals.
Time people was living with sprits.
Sound of wind is sprits voice, Voice of beast is roar of the earth.
And forest kindly,sometimes scary, he was there.

 

2012年

紙に鉛筆、色鉛筆、アクリル、アルシュ紙
pencil, colored pencil and acrylic on paper

表裏2面・各114×140cm
front and back,double side.each size 114×140cm