ワークショップのお話

 

←1日目、仮面作り、森のスケッチ

←2日目、森で絵本の発表会   

 

 

 

 

 

このワークショップは軽井沢にある森の中で行われました。

自分で作った仮面を被って森の住人になりすまし、絵本仕立ての物語りを作る2日間。

森の美しさも、恵みも、また恐ろしさも、すべてひっくるめて、それぞれの身体で感じて来る試みです。

 

アジアでは仮面は宇宙の凝縮図なのだといいます。

宇宙のすべての要素を仮面に付与する事で、仮面もそれを帯びる人も、宇宙に同化すると考えられています。

今回のワークショップでは、森に同化するための仮面を作りました。

普段とは少し違った目線で森の中を探検します。

 

 

レポート

 

1日目、仮面作り、森のスケッチ

 

2日目、森で絵本の発表会

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

講師:大小島真木

ダンス:高須賀千江子

主催:練馬区立美術館

担当学芸員:真子みほ

美術館職員:宇梶恵津子